download.jpg

1

鹿児島県奄美市笠利町の中学生2人が8日午後、同町赤木名海岸に迷い込んだキハダマグロを素手で「確保」した。獲物は174センチ、97・6キロの大物。ご相伴に預かった住民は大喜び。2人は「あまりの大きさに、びっくりした」と笑顔で話した。

大物を確保したのは赤木名中学校3年の男子生徒。2人はこの日午後2時ごろ、赤木名海岸へ向かった。海岸で遊んでいた小学生が「サメがいる」と騒いでいたので見ると、サメではなく、マグロだった。

浅瀬だったこともあり、2人は「確保」を決意。近くに道具が見当たらなかったため、パンチとキックでマグロに立ち向かった。マグロは当然、暴れたが、しばらくすると、弱ってきたため、海岸にあったロープをマグロの尻尾に巻きつけて陸揚げした。この間、約1時間。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00010005-nankainn-l46

2

浦島太郎になり損ねたな

3

パンチとキックと言わず殴る蹴ると言いなさい

4

普通に可哀想

<a href=”http://kanasoku.info/articles/115877.html” target=”_blank”>【悲報】マグロさん、浅瀬に打ち上げられた結果…子供にとんでもない事をされてしまう</a>